FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

コロナ禍における地域生活

2020/10/07
地域生活とは、人が人と会って、様々な社会資源を使いながら自分の夢や思いを実現していくことだと考えているのですが、このコロナ禍において本当に苦しんでいます。悩んでいます。

私ごとではありますが、母が入院をしていました。この間、コロナ感染が拡大をしているという事で面会が一切できない状態でした。その間に老健施設の面接があり、状況説明をするものの杓子定規に最近の様子を聞かれて、私としては「わからない」としか答えられず、また老健施設も面会が出来ない状況ですので、この先の生活の想像もつきません。
兵庫県下においても、病院や高齢者施設においてクラスター、集団感染を起こしている事実がありますので過敏になっているのは分かりますし、高齢者、既往症のある方の重篤化リスクが高いともいわれていますので正しい判断だと思います。

ただしこれが地域生活かという観点で見てしまうと、疑問を持ってしまいます。
病院からは一切の情報提供はなく、こちらか問合せをすると食事の量に関しては教えてくれたものの日中生活の様子に関しては分からないとのこと。高齢者施設において、対面は出来ないがオンラインでの面会が出来るとのニュースも見ますが、そういった情報も積極的ではありません。連絡がないことは、元気な印と理解をする事になってしまいます。
福祉とは多くの目があることで中立性を保つことが出来ると思うのですが、全く外からの目が入らない、内部の力だけで時間が過ぎていく状況は、行き過ぎた福祉に近づいている感じを受けてしまいます。

かめのすけが目指している地域生活は、多くの人の接すること、社会資源を使いながら自分の思いを実現すること、それに向けて努力を行うことは、感染しやすいのかもしれません。
感染をしては困りますが、人の目に触れない、閉じた生活、行き過ぎた福祉も困ります。
ワクチンが治験段階に入ったとの報道もありますが、薬が簡単に出来るのでしょうか。
一番の基本的な手洗い、手指消毒、うがい、マスク、咳エチケットを徹底して、距離を一定とりながら、人が人としての新しい日常生活が出来るようになればと思います。

補足
知的障害や感覚過敏の為に、マスク等が着けれない方もいること、うがいが出来ない方がいること等を理解することも必要かと思います。個々人が出来ることを一つずつ抑えていければと思いますので。
16:11 かめのすけの思い | コメント(0) | トラックバック(0)

7月26日を振り返る

2020/08/26
4年前の2016年7月26日、神奈川県の津久井やまゆり園において26名が殺傷された事件が起きました。裁判は既に結審し、加害者に死刑の判決が決定していますが、これで終わったと言えるのでしょうか。

そんな中で、ある歌手のツイートに、「優れた才能や容姿の人のおばけ遺伝子に関して国家プロジェクトとして国が専門家を集めて、選定するべきではないかと」という事を書かれていたそうです。
さて、皆さんはこの二つの出来事をどう思われるのでしょうか?何が?と思われる方がいるかもしれません。
津久井やまゆりの事件と、この歌手のツイートの根源は同じところにあるかと思います。それが「優生思想」です。

津久井やまゆりの事件の加害者は、障害を持っている人は価値が無い、税金の無駄使いだと言い、事件時には会話が可能なのかを確認しながら殺傷をしていたようです。日本には優生保護法と言った法律が過去あり、断種や不妊手術を強制的に行ってきた事実があります。
これらは「消極的優生思想」と言われます。

ツイートにあった、おばけ遺伝子の選定は、優れた遺伝子を掛け合わして言う事で更に優れた遺伝子を作っていこうとするもので「積極的優生思想」と言います。
確かに「親譲りの○○」と言われるものはあります。それは誰かによって操作されたものではなく、個々人の関係で出来上がるものだと思います。
「親譲りの○○」を国家や誰かの操作の元で作っていこうとすることが良いのでしょうか?私たちは国家の為に生きているのでしょうか?
また、おばけ遺伝子とは、誰が、どういった定義をもって選定をするのでしょうか?その定義に当てはまらなかったどうなるのでしょうか?

ナチス・ドイツでは、ユダヤ人の虐殺以外にも、障害を持った人たちに強制的に断種を行い、T4作戦では精神病院にガス室が設けられ7万人の方が殺された事実があります。兵庫県では1966年から「不幸な子どもを生まない運動」が行われるなど、過去の話だけではありません。
利便性や効率性を追っている中で、様々な身近なところでも「優生思想」は見え隠れします。
個々人が、自分らしく、生きていける社会、それがかなう地域生活を目指していきたいものです。

そんな中で、京都でALSの方が医師によって殺害される事件が明るみに出た。
安楽死でもない、尊厳死でもない、SNSで知った人を殺めた殺人事件。
この加害者も高齢者への医療は社会資源の無駄、寝たきり高齢者はどこかに棄てるべきと優生思想的な主張を繰り返していた。

どんな人でも生きる権利を妨げられない社会、誰もが自分らしく生きたいと思える、叶えられる社会が出来ることを望んでいきたいと思います。

三宅直基
10:43 かめのすけの思い | コメント(0) | トラックバック(0)

今年の夏は

2020/08/13
今年の夏は、異常な状況が続きます。
2月からのコロナ禍、6月から7月の梅雨はとんでもない量が一時に降ってきて各地で土砂崩れや川の氾濫があった。
幸いにして西宮では氾濫はなかったが、連日の雨で介助者のカッパは乾く時間さえなかった状況であった。
そして梅雨が明けたと思ったら、夕立ちが二日ほどあったが、それ以降とんでもない熱暑が続いている。
梅雨前線を押し上げきれないと太平洋高気圧と言われていたが、なんとも熱い空気を送ってくれている。

そんな中で、ご本人たちは、楽しみな映画にも、カラオケにも、コロナ感染予防の為に、3密を控えざる負えない。
マスクがつけにくい人も多いので散歩をと考えるが暑さで行けず。

日に日に、日の出の時間は遅くなっているので、日照時間は減っていくのでしょうが、この暑さには耐えれる体力がいつまで続くのでしょうか。

三宅直基
12:22 かめのすけ日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

不安のなかで

2020/06/05
コロナ禍においての生活は一変しました。
皆さんはいかが過ごされていたのでしょうか?
兵庫県においての新しい感染者は約二週間出ておらず、緊急事態宣言も解消されていますが、東京では東京アラートが出されています。経済活動が少しづつと言われながら、パチンコ屋も開き、飲み屋さんも営業をしています。

そんな中、ご家族からどこまで外出をしても大丈夫かと聞かれます。
見えないウイルスですし、どの程度の人混みがあるかは分かりません。
既往症がある方は重篤化しやすいと言われて、ご本人の基礎的な体力が健常者と違うからと言われる方もいます。
ご本人によってはマスクを嫌って着けてもらえない人もおられます。

不安は言い出してしまうと、どこまでも出てきてしまいます。
直近の累積布告者数が10万人に0.5人程度という数字がいわれましたが、これは宝くじの1等が当たる確率と同等と言えます。
この数字が大きいのか小さいのか??

私たちは、人とつながりで生きていかなければなりません。
リモートワークが出来るのは生活の一部であっても、根幹は人とのつながりだと思っています。
不安を少しでも軽減をしながらも、どこかに不安をもって、日常の生活を行えればと思っています。

三宅直基
12:03 かめのすけ日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

複職のすすめ

2020/05/18
コロナ禍の生活は、皆さんはどのようにされているでしょうか?
近隣の障害をお持ちの方々は、通所施設の通所日程が週5から週3に1に0になった施設まであり大変な生活をされています。
大変なのはご家族なのかも知れません。通所施設に行かずにご本人が家にいるだけではなく、場所によってはグループホームまでが帰省をお願いしてきている所もありますので。
ある親御さんの話では、グループホームで生活をするようになって薄くなってきていたこだわりが、家族といる時間が増える中で濃くなってきているという話も聞きます。家族ではついついご本人さんより先に考えてしまい、制御をしてしまう事が増えてしまう影響でしょうか。
お母さんはリードを握っているという表現をされていました。私個人は犬を飼ってから一年が過ぎましたが、リードと言う言葉が、関係性をあらわす単語として面白いと思いました。

このコロナ禍の中で、外出介助は多くのキャンセルがありましたが、一人暮らしをされている方においては一切のキャンセルはありません。そんなご本人さんの生活を支援している介助者からもキャンセルはありません。
ご本人の生活においての介助者の必要性を肌で感じているからでしょう。

福祉社会は皆が感じること動くことが出来れば一番良いことだと思っています。昔から言われていますが、福祉職はいつか無くなれば良い職種であるとも言えます。
しかしながら2000年の介護保険、2003年支援費制度以降、介護の社会化と言われながら偏った福祉専門職が出来てしまっているのです。福祉専門職に任しておけば良いという風潮があります。
そんな中で、介助者を見ていると学生が多かった時代から、サブジョブとして関わってくれている方が増えています。
いっそ、会社の復職禁止を撤廃して、全ての人がいくつかの職を持つ形で、福祉専門職が無くなれば良いのですが。

三宅直基
15:41 かめのすけの思い | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »