FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

かめのすけの歴史 個人編

2011/06/13
かめのすけの歴史
個人編

かめのすけの初めの男性利用者といっても構わないであろうNさんの話を今回は、思い出してみようかと思います。

1997年に縁があって三宅が青葉園の職員として復帰した年の話です。

当時Nさんは、母との2人暮らしでしたが、
ある朝、青葉園に来ると右の大腿骨の骨頭部分が骨折しており、大きく腫れあがっていたのです。

寝たきりで体重も30キロないご本人で、骨粗しょう症もあり、
骨折はおこりやすいと考えられていた中での骨折でした。
結果的に言うと、自力歩行を行っている訳ではなく、手術を行うにしても体力的な不安もあり、
ギブスなどもせずに出来るだけ動かさないで仮骨の形成を待つ事にしました。

さて、そんな状況のNさんも、お風呂には入りたいのですが、
骨折もあり高齢でもあった母にお願いするのも難しい状態になったのです。
ここに一つの偶然があり、その数年前に自立生活者等を対象にしていた全身性障害者介護人派遣制度を、
母がケースワーカーからの薦めで、Nさんが使えたのです。

当時の障害者の在宅施策としては、全身性介護人派遣制度とガイドヘルパーしかないうえに、
西宮市の社会福祉事業団のヘルパーは最重度のご本人の実績がありませんでした。
母も全く知らない人を家に入れることへの抵抗があることから、
青葉園のアルバイト職員である三宅が別にアルバイトを行う形でご本人の家に行くようになったのです。

当初、週3回のお風呂だけを計画しましたが、実際に家に入っていくと、当初の計画以外にも、
あれも、これもと必要な事が分かり一時間の計画が徐々に増え、回数も増えて行きました。
親御さんにも介助が必要な面もあり介助者の数も一人ではどうしようもなく、
複数の介助者が必要になっていき、最終的には毎日5時間程度、誰かが介助に寄せていただきました。
その中には、現スタッフの石橋君も含まれているのです。

ご本人には障害者施策をフルに活用して地域での一人暮らしと言った形も可能とは思えましたが、
親御さんの生活や、本人のご兄弟との関係等、
私たちの立場で踏み込むことのできない課題もありました。
青葉園の職員でもあり家庭も支援していたので、全ての情報が三宅を中心に廻り、
介助者なのか家族なのかさえ分からない状態でもありました。

また、夜間2人だけの生活は安全なのか、
食事や掃除等の日常生活をどこまで家族が居るのかで行って良いのか、
民生委員、地域のボランティアさん、ご近所との関係を一介助者が行っていくのか等、
多くの問題を抱えながらも必要とされる介助活動を行っていました。

最終的には、ご家族の下で突然の最期を迎えられ、
彼の私達に与えた問題は解決出来ずに、今も介助活動を行っていく中での宿題として残っているようです。


(かめのすけ 三宅)
13:06 かめのすけの思い | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示