FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

かめのすけの歴史

2011/01/26
今までの登録介助者数は、日程が合わずに実際の介助活動を行っていない人や、過去の職員等も合わせると、記録に残っているだけでも600人になろうとしています。

元介助者の中には福祉現場で活動をしている人もあれば、一般職で活動をしている人もいます。

その間のかめのすけの歴史を拾ってみると、

1997年10月 あおば福祉会が三菱財団助成を受け、協同研究開始
1998年04月 青葉園内に「あおば介助者集団準備会」を設立
1998年10月 青葉園内に「あおば介助者の会かめのすけ」を設立
2000年10月 青葉園内に「特定非営利活動法人かめのすけ」を準備会設立
2001年01月 事務所を戸田町の文化住宅に開設
2001年06月 「特定非営利活動法人かめのすけ」設立
2002年11月 事務所を津門西口町、現事務所に移転
2003年04月 支援費制度の事業所指定を受ける
2006年04月 障害者自立支援法の事業所指定を受ける


派遣時間に関しては1998年4月の323時間から、2700時間を超すまでに大きく成長をすることが出来ましたが、まだまだ当時からの課題でもある、介助者の質の向上や、即応性に関しては課題のままであると思っていますし、以前に比べて制度は充実してきてはいるものの社会的には生活のしにくさは相変わらずです。
「どんなに障害が重くても地域で安心して生活をしていきたい」という障害をお持ちの方々の思いの実現と、開かれた多くの係わりの中での地域での生活を目指してこれからも頑張って行くことが、これからの歴史を作って行くのでしょう。

三宅直基


14:45 かめのすけの思い | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示