FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

介助のプロとは?

2020/02/13
今年もプロ野球では、ドラフト会議を経て契約金1億円、年俸1000万円と言うような新人選手が生まれてくるのでしょう。列島を沸かした、ラグビーでは、世界においても1億円を超すプロ選手は数が限られているようです。
プロとは何でしょうか?
プロとは何かの対価として、お金が発生しているのか、していないかでしょうか?
私を含めてスタッフは、月々のお給料をいただき、障害福祉サービスを生業としています。国から事業費として事業所がいただいたものを原資とした、お給料をいただいています。それにおいては、登録介助者の皆さんも月給と時給の差はありますが、原資は同じことになります。また、国からいただく事業費は元をただせば、国民一人一人が納めている税金になります。
野球のようにお金を払った観客に見てもらうのがプロなら、福祉は税金を払った市民に見てもらう必要があります。

プロとは、能力が高く、技に優れ、確かさがあるという言い方をされる場合もありますが、私たちが関わっているのは障害者福祉においては、初めて会った方においてはどんなに長く介助活動をしていた人でも、初めてであり戸惑いがあります。お金をもらっているからと言って、障害をお持ちの方個々人の対応は違いますので、一個人の対応が出来るとは限りません。
ただし、長い期間介助活動をされている方は、障害をお持ちの一人から、複数の方からの経験から対応をする引き出しが多くなっているのはあるかと思いますが、それが初めての方に適するかは分かりません。

先日NHKの番組「プロフェッショナル」に、女優の吉永小百合さんが出演されていました。彼女自身は女優として、プロフェッショナルと言う言葉は嫌いで、素人でありたいと言われていました。
演技を指導され、計算し、考え、練習を重ね演技をするようなプロフェッショナルではなく、時代や、生活や、感情、生い立ちなど全てにおいて配役に入り込んでいき、後は自然に身が動くまま、演技をしない演技を目指しているそうです。それが言葉として素人という感じでありたいようです。しかし、日々の体力づくりや、役の理解をするために自身でその場に赴き、感じ、役に入っていく様子はプロフェッショナルだと私は感じました。

私達が行っている介助活動において、一人一人の障害をお持ちの方に対しての技に優れ、確かさがあるという面でプロと言えば親御さんになるのかもしれません。私たち介助者はご本人を理解しようとする努力や準備、またご本人を通して経験すること、想像すること、原因を考えることが吉永小百合さんの様なプロで、障害をお持ちの方と直接の接しているときは自分をさらけ出していても良いのかもしれません。
そして、私達スタッフは自分の引き出しを増やすのは当然の上に、介助者が動きやすい、考えやすい環境を整えることがプロの技なのかもしれません。自戒を込めて。

三宅直基
10:05 かめのすけの思い | コメント(0) | トラックバック(0)

1月17日

2018/01/17
もう23年も経ってしまいました。
かめのすけの活動にも、この震災が大きくかかわっている。

震災当日、通所施設は休園になった。
そして、職員は安否確認のために走り回った。
自宅での生活が難しい方々が通所施設に集まり避難生活が始った。
職員も、家族も、本人も、支援者も、枕を並べての生活が始まった。
自宅で生活が可能な本人の家にも、職員は赴き、訪問学級ではないが活動が始った。
震災から時間が経ち、仮設住宅入居が始まったが、生活の不便さが際立った。
職員は仮設住宅での生活を支援するために、それぞれの家に赴いた。
当時、誰かの指示で動いたわけではない。身体が、気持ちが皆を動かした。
家に赴くことへの、当たり前の気持ちが胎動を起こしていった。

あの日から時間が経ち、風景が変わり、社会が変わった。

身体が勝手に動いた、あの気持ちを忘れてはいけない。
そんな、思いを新たにしながら今日を迎えている。

三宅直基


IMG_0806.jpg
15:02 かめのすけの思い | コメント(0) | トラックバック(0)

卒業おめでとうございます

2017/03/17
今日は3月17日
近隣の大学などでは卒業式が執り行われます。
毎年来る日ではありますが、今年は8名の介助者が大学、専門学校を卒業します。
一人暮らしや、外出などに関わってもらいました。
かめのすけでは、学生さんに関わってもらっているのには、障害をお持ちの方々の暮らしを多くの人に知ってもらいたい、と思っているからです。
これまでは介助者として関わっていただきましたが、今後は一人の彼らの友人、知人として付き合っていただければ嬉しいです。そして、それぞれの新しい生活の中でも出会うであろう、障害をお持ちの方とも新しいお付き合いをしていただければ嬉しいです。

卒業おめでとうございます。
そして、これからの新しい生活を楽しんでください。

三宅直基
09:15 かめのすけの思い | コメント(0) | トラックバック(0)

かめのすけの歴史 個人編

2011/06/13
かめのすけの歴史
個人編

かめのすけの初めの男性利用者といっても構わないであろうNさんの話を今回は、思い出してみようかと思います。

1997年に縁があって三宅が青葉園の職員として復帰した年の話です。

当時Nさんは、母との2人暮らしでしたが、
ある朝、青葉園に来ると右の大腿骨の骨頭部分が骨折しており、大きく腫れあがっていたのです。

寝たきりで体重も30キロないご本人で、骨粗しょう症もあり、
骨折はおこりやすいと考えられていた中での骨折でした。
結果的に言うと、自力歩行を行っている訳ではなく、手術を行うにしても体力的な不安もあり、
ギブスなどもせずに出来るだけ動かさないで仮骨の形成を待つ事にしました。

さて、そんな状況のNさんも、お風呂には入りたいのですが、
骨折もあり高齢でもあった母にお願いするのも難しい状態になったのです。
ここに一つの偶然があり、その数年前に自立生活者等を対象にしていた全身性障害者介護人派遣制度を、
母がケースワーカーからの薦めで、Nさんが使えたのです。

当時の障害者の在宅施策としては、全身性介護人派遣制度とガイドヘルパーしかないうえに、
西宮市の社会福祉事業団のヘルパーは最重度のご本人の実績がありませんでした。
母も全く知らない人を家に入れることへの抵抗があることから、
青葉園のアルバイト職員である三宅が別にアルバイトを行う形でご本人の家に行くようになったのです。

当初、週3回のお風呂だけを計画しましたが、実際に家に入っていくと、当初の計画以外にも、
あれも、これもと必要な事が分かり一時間の計画が徐々に増え、回数も増えて行きました。
親御さんにも介助が必要な面もあり介助者の数も一人ではどうしようもなく、
複数の介助者が必要になっていき、最終的には毎日5時間程度、誰かが介助に寄せていただきました。
その中には、現スタッフの石橋君も含まれているのです。

ご本人には障害者施策をフルに活用して地域での一人暮らしと言った形も可能とは思えましたが、
親御さんの生活や、本人のご兄弟との関係等、
私たちの立場で踏み込むことのできない課題もありました。
青葉園の職員でもあり家庭も支援していたので、全ての情報が三宅を中心に廻り、
介助者なのか家族なのかさえ分からない状態でもありました。

また、夜間2人だけの生活は安全なのか、
食事や掃除等の日常生活をどこまで家族が居るのかで行って良いのか、
民生委員、地域のボランティアさん、ご近所との関係を一介助者が行っていくのか等、
多くの問題を抱えながらも必要とされる介助活動を行っていました。

最終的には、ご家族の下で突然の最期を迎えられ、
彼の私達に与えた問題は解決出来ずに、今も介助活動を行っていく中での宿題として残っているようです。


(かめのすけ 三宅)
13:06 かめのすけの思い | コメント(0) | トラックバック(0)

かめのすけの歴史5

2011/04/29
2000年6月に特定非営利活動法人格を取得しても、まだ支援費制度の前でありましたので、全身性介護人派遣事業や、西宮市ガイドヘルパー派遣事業等を運用して、青葉園通所者に限っての活動を行っていました。

2000年からの3年間は、もともと、パソコンに関して苦手意識があったのも一因ではあるのですが、今のようにパソコンの環境が整っていたわけではありませんし、2003年から始まった支援費制度に関しての情報を得るにも今のようにインターネットで簡単に手にすることが出来ず、不安な状況ではあり、「支援費が始まるとかめのすけは、ベンチで寝るか、ベンツに乗るか」と言われていました。しかし、この時代は不安でもありましたが、障害者施策が、施設中心から地域生活中心に変わるといった大きな流れがありましたので楽しみの時期でもあり、西宮、尼崎などでは時代を先取りするように、地域生活支援センターが幾つも設立されていくのです。

当時、西宮市においては全身性障害者派遣制度や、西宮市ガイドヘルパー派遣事業があり、かめのすけでは、それらを活用していたのですが、兵庫県事業に緊急一時保護者制度といったものがあり、尼崎のいくつかの事業所ではこれを活用していたのです。この制度は、基本的には登録、認可された個人が障害をお持ちの方を自宅に預かるといったもので、かめのすけにおいても事務所が津戸西口町に転居を機に、個人の家ではないのですが事務所に泊まるといった事を始めました。

しかし、この泊まりは、残念ながら、支援費制度、障害者自立支援法と制度が確立して行く中で資格要件も明確になり介助者の数が減ったり、共同住宅での限界もあり、個人的にも面白かったのですが2006年で中止せざる終えなくなりました。

三宅 直基
13:02 かめのすけの思い | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »